菅間一徳・権頭真由『土と、白の色彩』
5f1514f8ea3c9d0c78130cea 5f1514f8ea3c9d0c78130cea 5f1514f8ea3c9d0c78130cea

菅間一徳・権頭真由『土と、白の色彩』

¥2,200 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

田畑に向き合うギタリスト、菅間一徳と、松本市四賀地区に暮らすピアニスト、権頭真由によるデュオ作品。前作『Waterside』に増して「土を感じる」作品になった、と本人たちが評すとおり、無垢な大地のおおらかさに身を委ねるような安堵感に包まれる。権頭と〈3日満月〉を組む、佐藤公哉が収録。ドローイングとデザインは、栞日でも個展を開催したことがある画家、大平高之。 --- 1. 土と、白の色彩 2. ミシンのリズム 3. 耕す 4. 水辺との別れ 5. 落ち葉 たった、ひとつの 6. 結晶 7. あの雲へ ゆきたい 8. 音楽の日 --- Recorded by 佐藤公哉 Drawings & Design by 大平高之 --- ◎ 菅間一徳[すがま・かずのり] 幼少より母のミシン音とともに流れる simon & garfunkel を聴き育つ。その美しさ、旋律が確かに描いた景色に、すいこまれるように10歳の頃ギターをはじめる。ソロを中心に〈sui sai〉他、あらゆる領域の表現との共演をおこなう。岩を縫って流れる水のように ー そんなふうに弾きだされる音像の数々自らが、いつか母のミシンの向こうに見た景色のようであればと願っている。 ◎ 権頭真由[ごんとう・まゆ] アコーディオン、ピアノ、うた。東京生まれ。音楽を通して世界と対話し、あらゆる美しさに花を添える。〈表現 / Hyogen〉〈3日満月〉〈momo椿*〉などで作曲、演奏活動を行う他、インバル・ピント&アブシャロム・ポラックダンスカンパニー作品『WALLFLOWER』などの舞台音楽、映画音楽などの分野でも活躍。国際的なコラボレーションも多い。子どもたちと作る音楽サーカス「音のてらこや」を主催。